リスニングの効果!オンライン英会話でビジネス英語をマスターする方法

ビジネス

ビジネス英会話でよくある悩みといえば「ネイティブの話す言葉が速くて聞き取れない」というものです。確かにビジネス英会話では日常会話では使わない専門用語も多用されるため「語彙力不足のせいでは?」と思われがちですが、実はもっと根本的な部分に原因があります。

この記事では英語を上手に聞き取れない理由や、リスニング力を上げるための効果的な学習法をご紹介します。

また、英会話の勉強法についてリスニングやシャドーイングの方法を下記の記事にまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。

ネイティブの英語が聞き取れない理由

「ネイティブの英語はスピードが速すぎて聞き取れない」という方はとても多いです。特にビジネスの世界において、相手の英語が聞き取れないからと何度も聞き返していては、信用を失いかねません。

そのため一生懸命に単語を覚えたり文法を完璧に学習したりするのですが、一向にリスニング力が向上しない人が大勢います。

一体なぜなのでしょうか。実は単語や文法などの問題以前に、英語独特の「音の癖」に慣れていないことが大きな原因になっています。

毎日リスニングを行って英語の音に慣れる

例えば疑問文によく使う「did you」というフレーズがあります。これを文字通り読めば「ディッドユー」です。しかしネイティブはこのように発音はせず、多くの場合「ディジュ」と縮めて発音します。ネイティブの英語ではこのように複数の単語を一つの音のように発音することが多いです。

また「あえて発音しない音」というものもあります。例えば「good job」のような表現ですと、「グッドジョブ」とは言わずに「グッジョブ」と真ん中の「d」の発音を飛ばして発音をします。

これらは身近な表現でご存知の方も多いと思いますが、このような発音方法は他にも多用され、日本人が英語を聞き取れない大きな理由のひとつになっています。このような英語独特の発音の癖を習得するには、毎日リスニングを行って慣れるしかありません。

シャドーイングを繰り返してリスニングを強化する

「シャドーイング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは英語のリスニングだけでなく、スピーキングを強化する上でも非常に効果的な練習方法です。

やり方は、英語を聞いた後に真似して発音するだけです。繰り返すとはいえ、英語の一文を聞き終わってから繰り返すのではありません(これは「リピート」と呼びます)。

シャドーイングは相手が話す英語の「すぐ後ろ」を真似して追いかけていく訓練です。このシャドーイングを繰り返すことで、英語特有の音の癖を効果的に習得することができます。

またリスニングの訓練になると同時に、口に出すことでスピーキングの訓練にもなる、まさに一石二鳥の方法なのです。オンライン英会話のレッスンを受ける際には、ぜひ講師に「シャドーイングの訓練をして欲しい」と依頼してみて下さい。

リスニング力の向上に役立ちます。またレッスンは録音をしておいて、あとで必ず復習するようにして下さい。録音した音声でもシャドーイングを行うことで、さらなるリスニング力のアップに期待できます。

オンライン英会話レッスンを上手に活用してリスニングに慣れましょう

ビジネス英会話に限らず、英語のリスニングでは語彙力以前に「英語の発音の癖に慣れる」ことが大事です。実際に「こんな単語は聞いたことがない」と思っても、あらためて文字で見てみると「知っている表現だった」ということが多いものです。

オンライン英会話では講師にお願いすればシャドーイングなどリスニング強化のための訓練を行ってくれますので、何度も繰り返して英語の発音に慣れることから始めましょう。

英会話習得の勉強法やオンライン英会話の始め方に関する記事

なお、下記にて大人向けの英会話の勉強法やオンライン英会話の始め方に関する記事をまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。

よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました