子供向けのオンライン英会話、文法は教える?クラウティでは中学生レベルのみ

クラウティ

2020年からの新しい学習指導要領によって、小学校3年生から英語の授業がスタートし、小学校高学年になると英語が正式に教科として組み込まれるようになりました。

ただ、小学生の子供を持つ親御さんが中学生のときに英語学習をスタートした頃には、文法を中心に英語を学び、テストでも繰り返し問われていたという記憶がある方が多いので、「小学生の子供に英語は難しいのでは?」と感じる方も少なくありません。

幼児や低学年で文法は必要か?

ただ、幼児や小学校低学年のお子さんが習う英会話で文法は必要かどうかというと、答えはNoです。
文法学習とは、抽象的な概念を理解することなので、一般的に小学5年生以上でないと、文法学習はうまくいかないでしょう。早くから焦って教えても、なかなか理解することが出来ず、お子さんが一気に英語嫌いになってしまうかもしれません。

また、小学校で英語教育が開始されたといっても、その内容は従来の中学生の学習範囲をそのまま前倒しするというわけではありません。小学校ではあくまで英語に慣れ親しむということが第一で、取り上げる内容としても、自己紹介や夏休みの思い出など、身近なテーマなのが大きな特徴です。

言語を習得するためには、聞く→話す→書く→読むの流れで学習することが基本となります。なので、小学生のうちは文法を勉強するよりも英語をたくさん聴いて、英語の音に慣れることを重点的に行うと良いでしょう。

クラウティでは幼児や低学年には文法は教えない

学研が運営しているオンライン英会話のクラウティでは、幼児や英語初心者向けの教材が充実していて、小学生向けにキッズコースというカリキュラムかあります。

1つのコース内には、それぞれ10〜20種類ぐらいのレッスン教材が入っていますが、特に初心者がレベルアップを感じやすい英単語を学べる教材の豊富さは圧倒的です。

他の子供向け英語レッスンでは市販教材のLet’s goシリーズを使うスクールも多いですが、会話中心のテキストなので、全くの英語初心者の場合には不向きだと言えるでしょう。

また、クラウティのキッズコースでももちろん文法は学びません。基本は英単語をイラストを見ながら先生と勉強していきます。勉強というよりかはクイズ形式で楽しくレッスンを進めていくので、小さいお子さんでも楽しめる内容になっていますよ。

クラウティでは中学生レベルで文法を教える

キッズコースが修了すると、次はLevel1からLevel4までのコースに移り、Level1からは中学初・中級レベルの簡単な文法の内容が入ってきます。

英検5級を目指す場合には、中学初級レベルの内容の理解が必要になりますので、Level1の中にある「中学生の英会話(中1レベル)」というコースをおすすめします。

全12レッスンあり、全て修了すれば中学1年生で習う文法・英語表現を練習できる教材となっていますので、このレッスンを受講すれば英検5級は問題なく合格することができるでしょう。

クラウティでは文法は中学生レベルまで

Level4まであるレッスンの中で、文法を勉強するのはLevel2の中学中・上級レベルまでになります。それ以降は実践的な会話の練習になり、たとえばLevel3では「はじめての旅行英会話」や、Level4では「はじめてのビジネス英語」などのレッスンがあります。

Level3以降では今まで習ってきた文法や英単語を実践的に使ってみましょう。英語は自ら使えば使うほど上達します。言語の4技能として聞く・読む・話す・書くという4つのスキルが挙げられますが、4技能の中でも特に「聞く」と「話す」についてはより実践的なものであり、コミュニケーションの手段として実際に言葉を使い、それを繰り返すことで技能が鍛えられます。

ただ、英語を話すためには単語の意味を多く知っていることや、文の構造や表現方法を理解していることが大前提です。なので、幼児期からクラウティを活用すれば、キッズコースからLevel2までで英語の知識を多く「インプット」し、Level3からのレッスンで実践的な会話練習をする。そうすることで、英語を確実に習得することができるでしょう。

お試しでクラウティ無料の体験レッスン

クラウティでは無料の体験レッスンを提供しています。ご興味がありましたら、下記のリンクから公式サイトへ、ご確認下さい。

クラウティ無料体験はこちら

また、クラウティの無料の体験レッスンをお試しで受けた際の感想について下記の記事でまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。

クラウティのお試し無料体験レッスンを受けたオンライン英会話の感想

子供向けのオンライン英会話記事のまとめ

なお、子供向けオンライン英会話について、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

よろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました