【グローバルクラウン】レッスンの流れと効果的な受け方のコツ

グローバルクラウン

小学校での英語の必修化に伴い、子供の英語教育に関心が集まる中、オンライン英会話の注目度が高まってきています。

子供のうちから英会話を習わせて、将来良い就職ができれば、と考えている保護者の方は少なくないと思います。

この記事では、オンライン英会話のグローバルクラウンについて、実際に受講されている方の声をもとに、レッスン内容と授業の流れ、効果が表れる受け方のコツをまとめています。

グローバルクラウンのレッスン内容と流れ

グローバルクラウンは、専用のアプリをダウンロードしてそこからレッスンを受けます。アプリがあれば、スマホやダブレット、PCを使って簡単にレッスンが始められます。

レッスンが始まると、流れとして先生が名前と挨拶を言います。子供の名前や年齢も英語で聞かれます。実際に5歳の娘に習わせているのですが、初めは回答するのが難しかったですが、回を追うごとに自分の名前や年齢をスムーズに返答できるようになりましたし、「How are you?」「Nice to see you.」などの英文がどんどん自分から出るようになりました。

挨拶の後は、先生の画面の横に出てくる単語を答えながら、単語数を増やしていく練習に流れは移っていきます。新しい単語も可愛いイラストで覚えられ、語彙を増やすことができました。

それから、フレーズや表現をイラストを使って学びます。少し長めのフレーズも、先生と一緒に楽しく覚えていくことができたようです。

最後に挨拶をして終わります。25分のレッスンですが、内容盛りだくさんで色々なことを学習できるレッスンになっていると思います。

英語力をより伸ばすためのレッスンの受け方

レッスンの受け方のコツですが、レッスンで学んだ単語はまた出てくることがあるので、しっかりと復習することが重要です。

繰り返すことで着実に話せるようになっていきます。5歳の娘は先生と話せるようになりたいという希望が強く、レッスン自体が楽しかったので、単語やフレーズを復習するのは嫌がりませんでした。子供に楽しい印象を与えることがコツです。

また、レッスンを受けっぱなしにするのではなく、学んだことを活かして確実に知識にすべきだと思います。今まで色々な教材をやっていましたが、グローバルクラウンを受講してからはこちらの教材だけに絞り、あまり色々なものに手を出さないようにしています。

レッスンの最後に講師に直接要望を伝えることができますが、別の講師でもその要望が引き継がれ、希望通りのレッスンをしてもらうことが可能です。

教材は決まっているものですが、受け方や要望などを出せますし、子供のモチベーションをキープするお手伝いをしてくれるので、希望はどんどん講師側に出すべきだと思います。

講師は日本語も喋れる方が多いですので、親は日本語で話すことができるのも安心です。

レッスン以外で行うべき英語学習

うちではレッスン以外の机上の英語学習は特にしていません。なぜなら、日本人がやる中学校の勉強のような文法ばかりをやってしまうと英語が嫌いになってしまいそうだからです。

そのため、楽しいアクティビティで英語を学ぶようにしています。特にプリンセスが大好きな娘は、「小さなプリンセスソフィア」を英語で観せています。絵本も「アナと雪の女王」「ディズニープリンセス」の洋書を用意し、英語で読み聞かせることもあります。

あくまでお勉強ではなく、日常の中で英語を取り入れるようにするのがコツです。YouTubeなどもたくさんの英語コンテンツがありますので、子守がわりに観せていたら知らぬ間に英単語を理解していてびっくりしたこともありました。

日本語と同じように、英語も自然な感じで覚えられると思います。英語の歌は特に小さい子供には効果が絶大です。2人で楽しく英語の歌を歌えば、簡単に体の部位や季節、曜日などを覚えてしまうでしょう。子供が好きなキャラクターやアニメなどで気軽に取り組むと良いと思います。

子ども専用オンライン英会話【GLOBAL CROWN】

まとめ

以上、実際にグローバルクラウンで子供にオンライン英会話のレッスンを受けさせている方の情報でした。

5歳という幼少期から英会話を習い始めることで、勉強という概念ではなく、遊びの延長という認識で取り組んでいくことができます。上達するためのコツが分かれば、流れをつかみ、レッスンの受け方も変わってきます。

子供向けの英会話は早ければ早いほど大きな効果を見ることができます。

英会話習得の勉強法やオンライン英会話の始め方に関する記事

なお、下記にて大人向けの英会話の勉強法やオンライン英会話の始め方に関する記事をまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。

よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました