【子供向けオンライン英会話】グループレッスンに参加するならハッチリンクジュニア

ハッチリンクジュニア

一般的なオンライン英会話のほとんどは、先生1対生徒1のマンツーマンでレッスンが行われます。その場合、生徒が英語で発言する時間を多く持てるというメリットもありますが、外国人の先生を前にすると、緊張してしまうというお子さんも少なくないのではないでしょうか。

せっかくたくさん英語で話すチャンスがあっても、緊張してしまってあまり話せないのであればレッスン時間がもったいないですよね。

ハッチリンクジュニアのグループレッスン

そこで、ハッチリンクジュニアでは以前からリクエストが多かった、「同年代のお子さんがどのように英語を勉強しているのか見てみたい」「友達と一緒にオンライン授業を受けてみたい」という思いを実現させるために、新たにオンライン・グループクラスを開講しました。

他のオンライン英会話スクールでグループクラスを行なっているところはあまりないので、ハッチリンクジュニアの大きな特徴のうちの1つだと言えるでしょう。

このグループクラス授業では、講師が1人に対して、生徒は最大4人までOKです。時間は25分間で、料金は通常コース1回分またはポイントで予約の場合には8ポイントを消費します。

グループレッスンがおすすめのケース

グループクラスの場合、生徒の数が4人でもレッスン時間はマンツーマンの場合と同じ25分間になりますので、マンツーマンでも先生と問題なくコミュニケーションがとれているようなお子さんであれば、発言の機会が少なくなってしまいますので、あまりおすすめはしません。

一方で、お子さん1人では緊張をしてしまい、あまりうまく話せていなかったり、沈黙になってしまうような場合には、グループクラスをおすすめします。レッスン時間を有効に使うことができるでしょう。

注意点としては、グループクラスのキャンセルは前日の17時までになります。通常のマンツーマン授業であればレッスン開始2時間前までキャンセルが可能であり、お子さんの急な体調不良や用事にも対応できますが、グループレッスンの場合にはそれができません。

安心感と競争意識も

グループクラスで友達や同じ年代の子と一緒にレッスンを受ければ、お子さんは心強く感じ、緊張もほぐれるでしょう。恥ずかしがり屋なお子さんでも、「友達が喋っているから、僕も喋ってみよう!」と思ってくれるかもしれません。

あとは、最近英語学習へのモチベーションが下がってきているお子さんにもおすすめです。グループクラスなら他の子が頑張っているのを見られるので、「僕も頑張らないと!」と競争意識が高まり、さらに英語を勉強したくなるでしょう。

この機会にいつものマンツーマン授業とはひと味違うレッスンを体験してみてはいかがでしょうか?

ハッチリンクジュニアのグループレッスンへの参加方法

グループクラスへの参加方法は、会員ページにログインをし、予約時にグループクラスマークのついた先生を選ぶだけでOKです。OPENボタンをクリックすると、対象レベルと年齢が表示されますので、生徒さんのカテゴリーとマッチしていれば予約することができます。

ただ、予約した生徒が1人しか居なかった場合には、通常のマンツーマン授業になってしまいますので、ご注意ください。

とは言え、しばらくは人気・ベテラン講師がグループクラスを担当しますので、普段予約が取れない人気講師のレッスンを受けたいからグループクラスを受講するという生徒さんも一定数いらっしゃいます。なので、申し込みが1人しか居ないというケースは稀でしょう。

しかし、デメリットとしてはレッスン内容は無料のweb英会話教材を基に行い、宿題や予習教材なども一切用意されません。なので、グループクラスは長期的な学びには向きません。

マンツーマン授業の方が教材は講師が生徒のレベルに合ったものを選んでくれますので、安心ですよ。レッスンに慣れてきて、ちゃんと英語を勉強をしたいと感じたらマンツーマン授業を受けることをおすすめします。

お試しでハッチリンクジュニアの無料の体験レッスンを

ハッチリンクジュニアでは無料のオンライン英会話の体験レッスンを2回まで実施しています。興味があるようでしたら、お子様との相性を確認する意味でも無料でレッスンを受けてみてはいかがでしょう。

【ハッチリンクジュニア】無料体験実施中!

なお、ハッチリンクの体験レッスンの感想について、下記の記事でまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。

お試しでハッチリンクジュニアの無料体験レッスンを受けさせてみた感想

ハッチリンクジュニアのまとめ

ハッチリンクジュニアに関する情報は下記の記事でもまとめていますので参考にしていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました