子供向けオンライン英会話、文法は必要?ハッチリンクジュニアでは市販のテキストで学習

ハッチリンクジュニア

大学入試において、話す・聞く・読む・書くの4技能全てが求められるようになった今、幼児や小学校低学年のうちからしっかり英語を学ばせたいというニーズか高まっています。

英語や英会話を習ううえで、大人の感覚ですとまずは「文法は覚えなくてはいけない!」と思うかもしれません。でも、英語初心者の方や英語に苦手意識を持っている方の多くが「文法が覚えられない」と悩んでいる場合が多いです。

英文法をどの程度学ばせれば良いのかは悩みどころですね。

なお、子供向けオンライン英会話について、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

幼児や小学校低学年では文法は不要

まず、幼児や小学校低学年のお子さんの場合には、まだ文法の勉強は必要ありません。小学3・4年生の外国語活動では、文部科学省がコミュニケーション能力の素地を扱うと説明しているように、話す力や聞く力を重視した学習が行われます。

なので、自宅で自主学習やオンライン英会話などを利用した学習を行う際にも、単語やフレーズを感覚的に音で覚える方法をとると良いでしょう。

具体的にはアルファベットの曲を子供たちが遊んでいるときやドライブ中などに流して、一緒に歌ったりすることで、英語の発音が自然に身につきやすくなります。

まとめると、お子さんが英語を「つまらない」「めんどくない」と思うことを避けるため、小学校低学年までは、お子さんが英語を勉強と捉えてしまうような学習法は避けた方が無難です。

小学校高学年からは文法を覚える必要あり

ただ、小学校高学年からはある程度文法を覚えて、英語を理解する必要があります。小学5・6年生になると、学校でも肯定文・否定文・疑問文・be動詞・一般動詞に加えて、Canなどの助動詞も勉強します。

ただし、代名詞や動名詞などの細かい用法については中学校に入ってからしっかり勉強することになりますが、小学校で習う範囲の文法だけでも、きちんと活用することができれば十分簡単な会話はできるでしょう。

ハッチリンクジュニアでは文法の学習もあり

ハッチリンクジュニアでは多数の教材がありますが、6〜15歳のお子さんが文法の学習をする際には市販テキストの「Up & Away 1-6 in English」を使用しています。

全32ユニットがありますが、構成がとてもシンプルなため、ページをパッと見ただけで、学習すべき項目が一目瞭然です。なので、安定したペースで確実に英語力を身につけていくことができるでしょう。

また、テキストの中には美しいイラストと楽しいキャラクターたちがたくさん出てくるので、退屈になりがちな文法の授業を楽しくしてくれます。

それに日本語での説明が一切ない作りになっているので、英語を英語で感覚的に理解することができます。日本の出版社から出ているワークブックでは英語にカタカナで読み方がふってある場合が多いですが、英語で考える力を養うためにも英語のみの教材をおすすめします。

毎日予習と復習を行い文法のレッスンに臨むと効果的

「将来英会話を社会で活かせるようになりたい!」と考えている場合には、毎日予習と復習を行いながら文法のレッスンに臨むことで上達していくでしょう。

何には「英会話はコミュニケーションだから、文法知識は必要ない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、文法は英語を組み立てるためのルールのようなもので、聞き取った英語を理解したり、自分の気持ちを正しく伝えるためにも絶対に必要です。

ただ、普段の英会話で使わないような難しい文法ばかりをせっせと勉強する必要はありません。文法事項をインプットばかりして、実際にその文法を使用するアウトプットの練習をしなければ、英会話ができるようにはなりません。

なので、文法を学習するときには、実際の英会話で使える文法を中心に学習し、オンライン英会話を利用して、アウトプットの機会を持つことによって、英会話が上達していくでしょう。

また、自主学習では覚えた文法を使って英作文を作ってみると、より定着しやすくなります。毎日英語で日記を書くといった勉強法もおすすめですよ。

お試しでハッチリンクジュニアの無料の体験レッスンを

ハッチリンクジュニアでは無料のオンライン英会話の体験レッスンを2回まで実施しています。興味があるようでしたら、お子様との相性を確認する意味でも無料でレッスンを受けてみてはいかがでしょう。

【ハッチリンクジュニア】無料体験実施中!

なお、ハッチリンクの体験レッスンの感想について、下記の記事でまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。

お試しでハッチリンクジュニアの無料体験レッスンを受けさせてみた感想

ハッチリンクジュニアのまとめ

ハッチリンクジュニアに関する情報は下記の記事でもまとめていますので参考にしていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました