子供向けのオンライン英会話、カリキュラムは各社様々、どのように選んだら良いか解説

子供向け

グローバル化が進む世の中で適応できるように、小学3年生から英語教育が始められるようになり、子供の英語学習が注目されています。小学低学年や早いケースは幼児期から、子供に英語を習わせたいというご家庭も増えているのです。

英語学習の中でも、脚光を浴びて人気が上昇しているのが、オンライン英会話スクールです。子供向けのオンライン英会話スクールも近年増加してたくさんあり、どのスクールに入会すると良いのか迷うという人は多いでしょう。

カリキュラムはスクールを決める条件の中で重要な要素の一つです。子供向けのオンライン英会話は、入会する前に各スクールのカリキュラムをしっかりと確認して、お子さんに最も合うスクールを選ぶようにしましょう。

カリキュラムの分類について

子供向けのオンライン英会話スクールのカリキュラムは、大きく分けると2つのタイプに分類することができます。

一つ目は、生徒である子供の英語力によってレベル分けをして、レベルに合った教材を使用してレッスンを行っていくタイプのカリキュラムです。

二つ目は、コース分けされた教材が用意されていて、好きなコースを選んでレッスンを受けることができるタイプのカリキュラムです。

レベル分けによって教材が決まるタイプ

レベル分けによって教材が決まるタイプのカリキュラムは、リップルキッズパーク(ripple kidspark)やハッチリンクジュニア(HATCHLINK jr.)が代表的です。

リップルキッズパークは、無料体験レッスンでレベル判定を行い、9段階のレベルに応じて市販の教材をメインに使用します。さらにオリジナルの教材を補助的に使用してレッスンを進めていきます。

ハッチリンクジュニアは、8段階にレベル分けを行い、レベルに合ったオリジナルの教材を基本的に使用します。市販の教材を使いたいと希望する場合には、推奨の市販教材を中心に対応してもらうことも可能です。

子供の英語力についてレベル判定を行った後、レベルに合ったオリジナル教材や市販教材のlet’s goシリーズなどを使ってレッスンを行うため、カリキュラムに沿って基礎を身につける段階の子供におすすめと言えるでしょう。

好きなコースを選んで教材が決まるタイプ

好きなコースを選んでコース分けされた教材で学ぶタイプのカリキュラムは、クラウティやkiminiなどが代表的です。

クラウティやkiminiはともに学研グループが提供しているオンライン英会話スクールで、クラウティは家族でアカウントを共有して家族で学べる特徴があります。キッズコースから高校生や大人向けのレベル4まであり、たくさんのコースのテキストが、学研の監修でラインナップされています。

Kiminiは、目的や英語レベルに応じた多くのコースがあります。対象は小学3年生以上が目安ですが、基本的に年齢制限なしで実力に応じたコースを選択できます。小学生コースや総合英語、英検対策、フリートークなど豊富なコースが魅力です。

自由にコースを選ぶことができるので、英語力の基礎がある程度身についた子供向けと言えるでしょう。

子供に合ったカリキュラムを選ぶ

子供にオンライン英会話を学ばせる場合には、子供の英語レベルや受講する目的をしっかりと認識しておくことが大事です。

各オンライン英会話スクールのカリキュラムをホームページなどで確認して、内容やレベルを把握したうえで、候補をいくつかに絞り込みます。

気になったスクールに問い合わせ相談することや、実際に無料体験レッスンを受けてみることが重要です。体験レッスンの候補が多すぎると、子供が負担に感じる場合もあるので注意しましょう。

無料体験レッスンで、教材やカリキュラムが充実しているのか、子供が興味を持って学べるか、子供の目的に合っているかなど、相性をしっかり見てあげましょう。子供に合ったカリキュラムのスクールを選ぶうえで、体験レッスンでの確認はとても重要です。

子供向けのオンライン英会話記事のまとめ

なお、子供向けオンライン英会話について、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました