子供の英会話学習、小学生は何を学習したら良いか、オンライン英会話の活用も

子供向け

AIの発展とグローバル化が進む社会に適応できるように、2020年に教育改革が行われました。その改革のひとつとして、英語教育も大きく変化しています。

外国語活動として小学3年生から英語を習い始めます。小学5年生からは英語が教科として成績の評価もされます。中学や高校の英語授業は、基本的に英語で授業を行い、大学入学共通テストでは「4技能評価」が取り入れられることになりました。

小学校での英語必修化にともない、さらに中学校以降に適応できる英語力を身に付けさせたいと、早くから英語学習を始めさせる傾向が加速しています。家庭内で英語に触れさせたり、習い事のひとつとして英語を始めさせるケースが増えています。

その中でも人気が高いのが英会話です。子供の英語能力を上達させるためには、英会話の学習を早期に始めるのが良いとされています。

小学校低学年の英語学習について

幼児期など小さな子供の時から英語の環境で育った場合、自然と英語が身に付きます。英語圏で生まれ育った帰国子女は、ネイティブな発音の英語を身に着けていることが多いでしょう。

日本に住んでいても、幼児期から英語を楽しんで親しめるような環境を作ってあげることは、英語の上達にとても効果があります。小学生低学年からスタートでも遅くはありません。英語が楽しいと興味を持たせることに、まず重点を置きましょう。子供のやる気を引き出すために、親も一緒に楽しむことや褒めてあげることが大切です。

次に重点を置きたいのが英語を耳に慣れさせることです。9歳や10歳頃までが耳が発達する時期であり、小学生でも低学年であれば耳が発育段階にあるので、英語の音を多く聞かせることによって英語特有の音の認識がスムーズにできるようになります。

絵本や歌のCD、アニメのDVDなど、英語を楽しめる子供用学習教材や知育グッズを活用したり、フォニックスなどで英語の音に慣れる学習を行います。

小学校高学年の英語学習について

子供の英語耳を養うためには小学校低学年頃までが最も効果的とされています。小学校高学年の頃になると、耳の発育は止まる傾向にありますが、高学年になっても英語の音を聞くことは、英語に慣れて上達するためにとても大切な学習です。

小学校高学年の頃からは、英語を聞くことと並行して文法の学習も取り入れるようにしましょう。日本語の文法も国語で勉強して、主語や述語など文章の構成を理解するようになってきます。英語と日本語の語順の違いなど疑問に感じたり、教えると簡単な文法を理解できるでしょう。

低学年までの英語の音に慣れることから、高学年になると英文法の学習を併用し、遊び感覚から次第に勉強として英語を学ぶ形に移行していくことが、上達に良いとされています。

文法を意識して聞き取りも上達

小学校高学年の頃から文法も交えて英語学習を行うと効果的ですが、文法で子供が英語嫌いにならないために、最初からあまり細部にこだわり過ぎないように気を付けましょう。

英語の語順や主語・動詞など、文法をある程度大まかに覚えることは、英語の音に慣れることの手助けにもなります。耳から入ってくる英文の単語を主語や動詞などと結び付けて、理解をしようとする意識で聞くようにすると、英語の聞き取りの力が向上しやすいのです。

オンライン英会話の活用がおすすめ

英語を聞くことと読むことができるようになれば、話すことと書くことも上達がしやすくなります。英語4技能のインプットである聞くことと読むことに慣れてくると、アウトプットである話すことと書くことの習得がスムーズになるのです。

話すことの習得は計画的にレッスンする機会を設けるほうが良く、オンライン英会話の活用がおすすめです。自宅に居ながらワンツーマンで教えてもらえて、リーズナブルで気軽に始められるスクールもたくさんあり人気です。

子供向けのオンライン英会話記事のまとめ

なお、子供向けオンライン英会話について、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

よろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました