英会話は幼児のうちにスタート!その利点と効果について解説、おすすめはオンライン英会話

子供向け

2020年の教育改革で学校教育が大きく変わりました。その一つとして、小学校で英語の必修化が開始され、小学3年生から英語学習を学校でおこなうようになり、5年生からは教科として英語が取り扱われています。

親世代の英語学習は中学生からという長年の常識が改められ、習い事として子供に英語学習を早い時期から始めさせたいという家庭が、急速に増加しているのです。

低年齢化が進んでいる英語学習ですが、何歳からどのように始めさせたらいいのかと悩んでいる親御さんも多いでしょう。

英会話は幼児から習い始めると効果が高いとされていて、特に昨今人気の高いオンライン英会話を利用すると上達にとても効果的です。

幼児期は耳が発達する大事な時期

英語に限らず言語は、幼児期に慣れることが上達に大きな影響を与えます。生まれ育った環境の言葉を自然に子供は聞き取れて、喋れるようになっていきます。

幼児期に英語を公用語とする国で育った子供は、ネイティブな英語の発音が身に付きやすいのです。英語の習得に幼児期はとても効果的な大事な時期と言えます。

乳児や幼児の時から英語の子供向けの歌をCDなどで聞かせたり、英語の楽しいアニメなどDVDを見せたりして、英語に触れる環境を普段から作ってあげることはとても良いことです。

0~3歳は生活の中に英語を

0歳の時は日本語でも英語でも、単なる「音」としての認識になります。赤ちゃんは日々の生活の中で、その「音」には意味があると徐々に理解していき、徐々に言語を習得していきます。

ですからこの時期に複数の言葉のコミュニケーションの中にいれば、バイリンガルのように複数の言葉を同時に習得できます。しかし、親とのコミュニケーションが日本語の場合、必要に迫られて習得するのは、どうしても日本語になります。

そこで、この時期に英語を聞かせ、「音」として英語を覚えさせると英語を聞き分けられる耳が発達するのです。

3歳くらいまでは、英語を”インプット”することを大事に考えると良いでしょう。英語教育をするよりも、英語環境を作るのです。普段の生活の中に英語が聞こえてくる環境を作るイメージです。

幼児向け英語番組を見たり、映画を英語で流したり、英語のサークルがあれば行ったり、英語教室を楽しんでいるお兄さんやお姉さんを眺めたり。楽しく英語を耳から入れられるように工夫します。

4~5歳は英語習得に適切

「何歳から英語を始めるのが良いか」という質問に対して4~5歳と答える専門家は多いです。4~5歳になると、英語のアウトプットを学べるようになります。英語をコミュニケーションの道具として理解し、それを使おう、覚えようとすることができるのです。

さらに、この時期はまだまだ聞く力も高く、英語を聞いて、そのままの音を繰り返すことができると言われています。

日本人の苦手な、LとRの発音の違いも、この時期なら使い分けられるかもしれません。聞くこともできて、話すこともできて、英語学習の質は、それ以前と比べて格段にあがるでしょう。

幼児期の耳の発達

人間は耳が最も発達するのが幼児期の4~9歳頃と言われていて、この時期に英語の音を多く聞かせることで、母国語のように覚えて話せるようになる可能性が高まります。

ネイティブな英語の発音が聞き取れて、発音できるようになる大事な時期が幼児期です。

遊び感覚からフォニックス学習へ

個人差はありますが、9歳頃までの英語に対する蓄積がとても大事です。英語に対する抵抗感を大人になっても感じなくなり、英語をマスターするための英語耳や英語脳を養うチャンスでもあるのです。

幼児期は英語が楽しいと興味を持たせることが最も大切です。歌やダンス・アニメ・絵本・知育グッズなどを活用した英語学習で、遊び感覚やゲーム感覚で楽しむのもおすすめです。家庭で親が一緒に英語を楽しんで学び、褒めて喜んであげると、英語の興味を維持しやすくなるでしょう。

子供向けオンライン英会話は、3歳から始められるスクールが最も多く、中には年齢制約がないスクールもあります。英語に興味を持って、楽しくレッスンを受けられる幼児用のレッスン内容で子供に合っているか、体験レッスンで確認して選びましょう。

ABCを覚えてくると、フォニックスという学習で、英語の綴りと英語の音を結びつける練習をすることで、音を聞きながら単語を読むことができるようになります。フォニックスは英語の習得にとても有効です。

幼児から文法を覚える必要はない

幼児期は英語の音に耳を慣らすことから始め、音を聞き分けられるようになると簡単な単語も理解できるようになってきます。

日頃の生活でもあいさつや会話などで、簡単な英語の単語を交えての意思疎通も楽しいと感じてくれると、幼児期から小学生の子供の吸収する能力はとても高いので、どんどん上達するでしょう。

音を聞き分け、単語や文章を読むことができるようになれば、英語の文法を覚える必要なく、英語を身につけることができます。フレーズなどをそのまま暗記してしまう能力が、子供にはあります。

子供の頃日本語も文法を意識せず、喋れるようになるのと同様です。文法は成長してから学んでも遅くありません。

話す練習はオンライン英会話がおすすめ

幼児期からの英語学習で、インプットである聞くことと読むことの練習を行いながら、アウトプットである話す練習を定期的に行うと、英会話の上達にとても効果的です。

話す練習としては、オンライン英会話がおすすめです。ネイティブに近い発音の講師から指導をしてもらい、話す練習も行うことで総合的な英語力が早く身に付きます。

オンライン英会話を併用して、幼児から英語に親しめる環境づくりを家庭内でも心掛けたいものです。

子供向けのオンライン英会話記事のまとめ

なお、子供向けオンライン英会話について、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

よろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました