子供向けオンライン英会話、予習や復習は必要?どのようにしたら良い?効果的な英語習得のために

子供向け

小学校で英語授業が取り入れられるようになり、子供の習い事のひとつとして英語学習を始めるケースが増えています。子供に英語を学ばせる手段はいろいろとありますが、中でも子供向けオンライン英会話スクールの人気が高まりを見せています。

自宅に居ながら安心して手軽にスタートでき、とても便利で比較的にリーズナブルなので人気の理由は納得できるでしょう。

子供に英語を習わせるうえで、親として最も気になるのは子供の英語力の向上や英会話の上達などの成果です。できるだけ早く英語に慣れて、英語で会話ができるようになってほしいと願います。

英会話を習得する効果を高めるためには、継続した毎日の学習が必要であり、とても重要とされています。子供の効果的な英語習得方法に関して紹介いたしましょう。

予習と復習の反復学習が大事

勉強の学習効果を高めるためには予習や復習をすること大事と、子供の頃からよく聞いて育ったという人は多いでしょう。

学校での成績をアップさせたい場合、学習塾に通うことや宿題・自習などで反復学習することによって、習った内容の深い理解と確かな定着につながっていきます。学校の授業だけで必要な内容の全てを理解して記憶し、身に着けられる子供は相当な秀才かもしれません。

コツコツと予習や復習をすることが大事で、英会話の習得に関しても同様です。子供がオンライン英会話のレッスンを受ける場合は、予習と復習を行うことで、レッスンの反復学習ができ、とても効果的となります。

一般的に人は時間とともに記憶した内容が薄れて低下し、中には忘れてしまう内容も出てきます。短時間のレッスンだけでは十分に覚えられなく、記憶にすら入っていない部分もあるかもしれません。

レッスンに加えて予習や復習の反復学習をすることが、学習内容の理解も高まり、記憶内容も増え定着につながり、とても重要なのです。

予習の方法について

子供のオンライン英会話において、予習の方法について一例を紹介しましょう。レッスンのテキストが手元にある場合や、オンラインのシステム上で事前に確認できる場合、レッスンが始まる直前に予習をします。

分からない単語の意味を調べたり、単語やフレーズを1回でも声に出して発音し喋ると、レッスン中に同じフレーズが出てきたときに、子供は敏感に反応するでしょう。

直前に自分で予習をすることで、レッスンに入る頭の準備も整い、気持ちも前向きになりゆとりも生まれて集中しやすくなります。自分で調べた単語が出てきたら、興味を持って理解が深まり、自分で試みた発音と先生の発音の違いも把握しやすいので、レッスンの効果が高まります。

予習とレッスンの反復練習になるので、学習効果が一層向上するのです。

復習の方法について

復習の方法においては、レッスンで出てきた単語やフレーズを何回か喋る練習をすると効果的です。レッスンの直後や、数日たってからなど繰り返して反復練習を行い、しっかりと定着するように意識をします。

英語が書けるようになると覚える単語やフレーズをテキストやノートに書いて、復習できるようにすると良いでしょう。まだ書けない場合は、親が書いてサポートしましょう。

日常生活の中で習った単語などに遭遇した際には、「英語で何て言う?」と聞いて子供に促すことがとても定着に効果的です。

スクールによっては、独自のシステム上で復習やレッスン以外の日頃の自習を行えるケースもあります。

毎日英語に触れることが上達に効果的

毎日の生活の中で、子供向けの英語映画のDVDを見せるなど、英語に対する好奇心を向上させていくと効果的です。

子供が英語に興味を持つこと、英語に対して耳を慣らすようにすること、できるだけ毎日継続することで子供は、英語をどんどん吸収して上達する効果が高まります。

レッスンに加えて予習と復習の重要性、さらに興味を持つ英語に親子で触れるなど、毎日少しずつでも英語がある環境を作ってあげるように親としても心がけると良いでしょう。

子供向けのオンライン英会話記事のまとめ

なお、子供向けオンライン英会話について、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました