【子供向けオンライン英会話】フォニックスの学習、レッスン現場で行っている発音練習

子供向け

子供にいつから英語を習わせるべきかと、迷ったことはないでしょうか。

実は、英語耳を育てるには4歳頃がピークと言われており、9歳ごろで成長が止まってしまうと言われています。 その英語耳を育てる上で重要になるものが、フォニックスになります。

英語の発音は、フォニックスが組み合わさってできております。フォニックスとはアルファベット一つ一つの音のことであり、その一つ一つの音を理解し、組み合わせられた時に、単語を読むことができます。

まだ、耳の成長が著しい時期に、いかに綺麗な発音をたくさん聞かせてあげるかが、子供達のリスニング力、スピーキング力向上の鍵になってくるのです。

なお、子供向けオンライン英会話の紹介として下記の記事も参考にして頂ければと思います。

幅広い音を身につけよう

耳の成長期の子供の耳は、細かい音まで識別をすることができます。

よく日本人は、LとRの音の識別をすることが難しいと言われています。なぜなら、それらの音は日本語にはない音であり、小さい頃から聞き慣れていないため、耳の成長が止まってから英語習得を始めても、音の聞き分けがなかなかできるようにならないからです。

人の言語の発達には、耳から聞いた音を口に出すことで話せるようになっていきます。これは英語においても同様で、生の英語をいかに幼少期から耳に入れてあげるかによって、細かな音が体に染み込んで幅広い音の理解に繋がります。

そこで、まず基礎の学習法にフォニックスがあります。英語は日本語と異なり、アルファベットの読み方と発音の仕方が異なります。

発音の一つ一つの音を覚えることで、単語の読み方へと繋がっていきます。フォニックスの基礎をしっかり身につけてから、英語の習得のステップアップをしていくことが、英語習得の近道と言えます。

まずはフォニックスの基本から!

オンライン英会話レッスンでは、単語の発音の練習をする時ににフォニックスを導入して教えています。

子供の年齢によりますが、幼児の生徒さんであれば、フォニックスの歌を先生の後について一緒に歌ってみたりしています。

例えば、『A is for apple, a, a, apple, エイ イズ フォー アッポー、ア、ア、ア、アッポー」という風に、アルファベットの読み方とフォニックスの発音を入れた歌になります。

小学生ぐらいの生徒さんになると、例えばBOXという単語であれば、「ブ・オ・クス、ボックス」と発音のときに同時にフォニックスも入れて、私の後に続いて発音してもらっています。

だんだん音が分かってきた上級の生徒さんには、私がフォニックスだけで発音し、実際は何の単語なのか言ってもらうゲームなどをしています。

まずは、子供達に単語は音が組み合わせられてできているということを理解してもらうよう、楽しく飽きないようにレッスンに取り入れております。

フォニックスを楽しく学ぶには

フォニックスというとちょっとつまらない、難しいという印象をどうしても子供達に与えてしまいます。

しかし、オンライン英会話のレッスンの中で、いかに楽しくフォニックスを取り入れるかを考え、レッスンをしています。

幼児の生徒さんの場合、身振り手振り大きくフォニックスの歌の練習をすると、とても楽しそうに真似をしてくれます。また、フォニックスが分かると、単語の練習をしているときに、ちょっと分からない単語に出くわしたときに、こちらで最初の文字のフォニックスの音のヒントを出してあげると、「BOOK!」などと単語が出たりと、音と単語の結びつきの理解に深まります。

また、小学生の生徒さんの場合、例えば基本的な”Light”と”Right”の発音の違いをフォニックスの音の説明と共に練習をします。最後に私が、どちらかの音の発音をしてどちらの音だったかというゲームをしますが、全問正解だった場合など子供自身も、自信へと繋がりとても嬉しそうにしていたことが印象的でした。

また、年齢に関係なく、よくポイント制度をレッスンの中に取り入れており、先生とのゲームに勝てたら1ポイント、タイムと競い合ってタイム内に正解できたら1ポイントなど、成果を見える化にして指し示すと、子供の英語に対するやる気、継続意欲に繋がっているように感じます。

フォニックスの基礎が発音のきれいさを生む?

オンライン英会話のレッスンの中には、レベルが上がっていくと長文を読むレッスンがあります。長文を読むにあたっても、フォニックスの音を理解していないと読めません。

しかし、音を分かっていれば、たとえ意味の分からない単語でも読むことができます。生徒の中には、とてもきれいな発音で長文を読んでくれたことがあり、念のため単語の意味を確認すると、単語の意味は分からないけれど、読み方は理解していたようで、これぞ、フォニックスの基礎があるからだなと実感しました。

また、幼少期からフォニックスを学んでいると、”NO”という一つの単語ですらも、とてもきれいな発音ができており、体に染み付いている事が分かります。大人顔負けで、とても驚かされました。

最初にも述べましたが、いかに幼少期からたくさんの英語に触れ、英語耳を作るかが、きれいな発音を身につける上で最も重要な点になります。そのためにも、フォニックスの重要性をこれからもレッスンの中でたくさんの子供達に発信していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました