オンライン英会話で子供がレッスンを嫌がるときの理由と対処法

子供向け

オンライン英会話は、子供の習い事の一つとして注目されています。様々な習い事において、子供に習い事を始めさせたけれども、長続きしないで辞めてしまうというケースはよくあります。

スポーツ系や音楽系などの場合には、いろいろと体験してみて最も子供が興味を示して適している習い事を見極めることも良いかもしれません。

英会話などの勉強系の習い事に関しては、将来の進学や就職などを考えると、長く継続して能力(学力)を伸ばしてほしいという思いがより強いでしょう。

子供にオンライン英会話を習わせたいと思っていたり、既に習わせているというご家庭が増えていますが、長く継続してくれるのかが気掛かりや心配事でもあるかもしれません。

子供がレッスンを嫌がることがあったりして困った経験をしている親御さんも多いのではないでしょうか。

子供が英会話レッスンを嫌がる理由

子供がオンライン英会話レッスンを嫌がる理由として、いろいろな理由が考えられます。子供が未就学の幼児期・小学低学年・小学高学年など、子供の年齢によるところの違いもあります。

家庭での取り組み方や兄弟の有無など様々な状況に加えて、子供の性格なども関係している場合もあるでしょう。

いろいろな理由がある中で、代表的な理由として3つが挙げられます。①親から無理やり習わせられている感覚、②レッスンが楽しくない、③英語が嫌い、の3点です。

英会話レッスンを嫌がる対処法1

子供がオンライン英会話レッスンを嫌がる理由に、①親から無理やり習わされている感覚が挙げられます。親としては教育に熱心に取り組むという気持ちから一生懸命になり過ぎるケースもあり、子供が負担に感じてしまうことがあります。

子供が早く英語に慣れるようにレッスン以外でも英語にできるだけ触れさせたい。上達するようにできるだけレッスン回数を増やしたい。このような思いがあって熱心になるのは親として当然です。しかし、子供がプレッシャーに感じたり、無理やり習わされている感覚になる可能性があります。

嫌がる理由の①親から無理やり習わせられている感覚の対処法としては、レッスン回数を減らすことも検討しましょう。

子供が負担に感じにくい回数で継続をして、英会話は長い目でみて習得することが大事です。子供の声も聞いてあげて、状況によっては英語が嫌いにならないようにしばらくの間英語の話をしないことも一案でしょう。

英会話レッスンを嫌がる対処法2

子供がオンライン英会話を嫌がる理由において、②レッスンが楽しくないと、③英語が嫌いも挙げられます。小学高学年にもなってくれば、将来ための重要性を説明して理解した上で、レッスンを継続することが可能なケースもあるかもしれません。

小学低学年など幼い年齢の場合には、遊び感覚で楽しくないと英語に興味を示さなくなり、レッスンを嫌がるケースも多いでしょう。

その場合の対処法としては、フィリピン人の先生に習うことも一つの方法です。フィリピン人の先生は、文化的に明るい性格で親しみやすく、子供を楽しませたり、元気づけてモチベーションを上げることに優れています。

フィリピンは大家族が多く、子供とのコミュニケーションの取り方も上手で、教え方も優しく丁寧な人が多いのです。

楽しませることが一番

子供が嫌がるときの対処法はいろいろありますが、英語を楽しませることを念頭に置いて対応すると良いでしょう。子供は遊びに関しての興味を一番に優先します。

遊びながら英語に慣れることができるカリキュラムのスクール選びや、家庭でも英語の知育玩具や歌・動画などで遊んで、楽しむことも大切です。

親も一緒になって楽しんで、しっかり子供を褒めてあげることを意識しましょう。英会話の上達は焦らず、ゆっくりと楽しませることが一番大事です。

おすすめの記事まとめ

子供向けのオンライン英会話について、選び方に迷うことも多いと思いますが、スクール各社のトピックをまとめた記事を下記に紹介しますので、よろしければ参考にして下さい。

よろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました