【kimini】小学生が習う子供向けオンライン英会話、おすすめの理由

Kimini

去る2020年は教育改革年と呼ばれました。文部科学省より「2020年から実施予定として改訂された新学習指導では、英語で積極的にコミュニケーションができる子どもたちを育てること」が目標として発表され、小学校から英語の必修化が始まりました。

ご自身のお子様が英語の授業についていけるのか、クラスの他の子ども達の多数が、すでに英会話学習を始めているので遅れを取ってしまうのではないか、とご不安になられる方も多くいらっしゃるかと思います。

年々、グローバル化がすすみ、英語の需要も高まり、近いうちに英語がもっと主流になってくることも予想されます。ぜひ子どもには将来、インターナショナルで活躍してほしいと願われる親御さんたちがほとんどであると言っても過言ではありません。自分は苦手な英語だけど、子供には必ず身に着けてほしいものですよね!

そんなご時世の中、子供の習い事として「英会話」をご検討される方が多いのではないでしょうか?

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の習得が目標!

私たちが受けた英語教育は「難しい文法」を学ぶイメージが強く、苦手科目の一つになっていたのではないでしょうか?単語や文法の暗記など、座学が多く、頭に詰め込まなければならなかったように思います。

しかし、現在の小学校の教育では、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の習得を目指しています。またその中の「話す」が2領域へ分かれて、①「話すこと「やり取り」」、②「話すこと「発表」」の5領域となり、スピーキングに力を入れていることが分かります。

英語学習必須化により、3年生、4年生からは「外国語活動」という授業が始まり、「英語と触れ合う」ことが目標とされております。フラッシュカードなどのイラスト教材を使ったものが多く、あいさつや自己紹介などに関する英語表現の仕方を学びます。

5年生、6年生からは、「外国語科」という教科となり、従来の「外国語活動」では「聞く」「話す」が中心でしたが、「読む」「書く」がプラスされるようになります。代名詞や助動詞などの文法なども学び、会話や読み書きのさらなるレベルアップを目指します。

中学校からの英語学習にスムーズにつなげる目的もあり、高校卒業までに「聞く」「読む」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に習得できるようになるための新たな教育指針が始まりましたが、小学校からの「英語教育」に子供たちが安心して取り組めることが大切になってくると考えられます。

kiminiでは音で覚え、宿題でリーディングやライティングの練習

うちの息子はオンライン英会話「Kimini」で英語学習を行っております。毎日1レッスン(25分)のプランで継続しており、習い事として始めましたが、日常的な習慣となりました。学校の英語の成績もグングン上がっており、本人の苦手意識はないようで少し安心しています♪

学校の英語の授業もあらかじめ分かっている単語やフレーズが出てきたりするので、繰り返し練習にもなり、本人も他の教科よりも楽しそうに授業に取り組んでいるようです。

上を見るとキリがありませんが、早くから英会話を習われてらっしゃる他のお友達は大人も顔負け・・・。すばらしく流暢な英語に驚かされることもあります!

Kiminiでは予習の動画で大まかな内容を事前に把握し、レッスンで先生と英語のフレーズや単語を「音」で繰り返し覚え、復習は動画やPDFでリーディングやライティングの練習を行います。

予習・復習教材も子供でも取り組みやすいようアルファベットが大きかったり、イラストがカラフルでかわいいものなど「難しい」と思うことのないように作られているようです♪

復習でライティングを行うコース「ばっちり話せる小学英語」

小学生向けのコースでは「小学生の英会話1(38レッスン)」「小学生の英会話2(47レッスン)」「ばっちり話せる小学英語1(41レッスン)」「ばっちり話せる小学英語2(40レッスン)」、ほかに「夏期講習」「冬期講習」「春期講習」などのまとめのコースなどもあり、レベルや目標に合わせてさまざまなレッスンを受講することができます。

現在、うちの息子は「ばっちり話せる小学英語1」のレッスンをコツコツと受けていますが、急にむずかしくレベルが上がったように感じます。しかし、「小学生の英会話」を基礎に順序を追ってカリキュラムをすすめてきたせいか、息子は抵抗なくすんなりと進んでいます。

また会員ページにある「進捗状況」でコースのうち何レッスン・何パーセントが終了しているのか一目瞭然なので、本人はその%をみて達成感を感じるのが喜びとなっているようです♪

そしてこの「ばっちり話せる小学英語」になってからもう一つ変化したのが、予習では興味が惹かれる動画で聞き、レッスンでは話す練習を行い、復習ではPDFのワークシートにライティングを行う流れになりました。

アルファベットを見て、読むだけではなくいよいよ書く練習も始まりました。ワークシートの内容は多すぎることもなく、小学生でも集中して一気に終わらせることができるほどのボリュームです。

終わったワークブックはしばらくは順番にファイルに保存していました。毎日繰り返すので、枚数はどんどん増え、見返すこともなかなかないので、終わったらトイレやお風呂場の壁に貼って見てもらうようにしています。また本人は「シメシメ」と思ったのか、このワークブックを学校の宿題の「自主学習」に使うこともよくあります(笑)

ぜひ小学生からKiminiをスタートしましょう

個人差や向き、不向きもありますが、うちは何件かのオンライン英会話スクールのレッスンを体験し、迷わず「Kimini」を選びました。

Kiminiは料金もお手頃で、息子も体験レッスンをすごく楽しんでいたからです♪それだけのシンプルな理由でしたが、続けていくうちにさらに魅力を感じはじめました!実際に息子の英語の成績も短期間でグンと伸び、成果もあり、「英語が苦手」を克服することができたこともあります。続けてきてよかったと思いますし、これからも楽しく続けてくらたらいいな、と考えています。

講師は洗練されて質が高く、フレンドリーで優しく、ユーモアで、人数も揃っており、予約が取りやすいこと。

教材が充実しており、しっかりと英語力を身につけていけること。子供でも理解しやすいように、そして興味を持てるような教材の内容です♪

スカイプやZoomといったツールは使わず、Kiminiオリジナルのシステムを使ったレッスンで、画面を共有しながら、オンラインでも先生が近くに感じられること。子どもも楽しく興味を持つことができるシステムです♪

目標・レベル別にコースを細かく選ぶことができるので、これからも長く受講できること。

予習→レッスン→復習の流れの中で、バランスよく「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの技能が身につくこと。Kiminiで英会話を学ぶことで、小学生英語の必修化の目標である、4つの技能を身に着けることができるので、ぜひ小学生からスタートされてみてはいかがでしょうか?

まずは無料体験レッスンが便利

kiminiでは無料体験レッスンが受けられます。期間が10日間あり、その間1日1回25分のレッスンを受けることができます。

他のオンライン英会話のスクールは2回や3回など少ないことを考えると、お試しで内科医もレッスンを受けることができるkiminiは大変お得です。

この機会に無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

kimini 公式サイトはこちら

kiminiの無料体験レッスンをお試しで受けさせてみた感想

子供向けのオンライン英会話記事のまとめ

なお、子供向けオンライン英会話について、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

よろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました