子供向けオンライン英会話、文法は必要?リップルキッズパークではリスニングやスピーキングを重視

リップルキッズパーク

「将来、子供には英語が話せる人になって欲しい」「小学校での英語の授業にむけて、小さいときから英語をやっておいた方が良いのでは?」と考えている親御さんは少なくありません。

もちろん幼児期は脳細胞が活発に形成される時期であるため、英語の吸収スピードが早く、大人になってから勉強するよりも効率的だと言えます。

しかし、英語の文法に関しては、個人差はあるものの早くても小学校高学年ぐらいにならないと、その抽象的な概念を理解することが難しいのです。

そこで、まだ小さいお子さんがうまく理解出来ないからと言って親御さんが無理強いをしてしまうと、一気に英語嫌いになってしまう恐れがあります。

なお、子供向けオンライン英会話について、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

幼児向けの英会話では文法よりリスニングを

幼児や小学校低学年のうちは耳が良く、言葉を柔軟に聞き分けられると言われています。なので文法を教えるよりも、ネイティブの英語の音に慣れさせ、母国語の日本語と同じように感覚で身につけさせる方が良いでしょう。

また、幼児期から英語に触れておくと、将来本格的に英語学習をするときに、英語に対する抵抗感を持ちにくくなるというメリットもあります。なので、幼児期のうちはお子さんが「英語が楽しい!」と感じ、抵抗なく受け入れられることが重要です。

文法を一生懸命に教え込むよりも、英語の歌や本などで楽しみながら英語に触れることをおすすめします。

リップルキッズパークの文法の教え方

リップルキッズパークでは、理解しにくい英文法をそのまま覚えさせるのではなく、英語の語順を感覚的に理解する選び方を行なっています。

日本語と英語の最大の違いは、語順です。日本語では語順が変わっても正しく意味は伝わりますが、英語は順序を入れ替えるだけで、疑問文になったり意味が真逆になったりすることもあります。

本当に使える英語を身につけるためには、短い例文にたくさん触れることで、次第に英語のルールを感覚的に理解することができるでしょう。

英語によるコミュニケーション能力の向上

リップルキッズパークでは英語で聞いて、英語で理解をして、英語で話す方法でコミュニケーション能力を養っていきます。

日本人は日本語を話すために、日本語の文法を細々と勉強はしないですよね?それと同じで、英語を話すためにも英語の文法ひとつひとつを細かく理解する必要はありません。

文法とは会話を成立させるためのルールに過ぎませんので、本当に使える英語にするためには、体に染み込んで感覚的に出てくるようにすることが大切です。

日本人は話したい文章を日本語から考えて英語に置き換える癖が付いてしまっている方が多いですが、リップルキッズパークで日々レッスンを受けていれば、英語で理解をして英語で話すネイティブのような発想ができるようになるでしょう。

英会話上達には反復練習が必要

英文法を使いこなし、英会話を上達させるためには、とにかく毎日反復練習を行って身体に染み込ませることが大切です。

日本語を覚えたときにもたくさん聞き触れることで話せるようになったように、英語も毎日触れる時間を作りましょう。

でも、お子さんの場合には1度嫌いになってしまうと繰り返し行うのは難しくなってしまいますので、「楽しみながら反復すること」が何よりも重要です。

リップルキッズパークでは、1人1人のお子さんに合わせた、楽しさいっぱいのレッスンをご提供しています。「先生ともっと話したいから、英語を勉強しなきゃ!」この気持ちがあるからこそ、お子さん自らが英語を学ぶ意思が育ち、英語を楽しみながら継続できる、そして英語の成長へと繋がるでしょう。

無料体験レッスンのすすめ

リップルキッズパークでは無料の体験レッスンを2回分提供しています。レッスンの品質は高く、楽しみながら学べるために1回目で満足して入会するケースも多いですが、さらにもう1回レッスンを受けることができます。

これを機に、まずは公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

リップルキッズパーク 公式サイトへ

なお、リップルキッズパークの体験レッスンの感想について、下記の記事でまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。

お試しでリップルキッズパークの無料体験レッスンを受けさせてみた感想

 リップルキッズパークの記事のまとめ

なお、リップルキッズパークの紹介記事を下記にまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。

よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました