リップルキッズパークでフォニックス!子供向けオンライン英会話で発音を習得

リップルキッズパーク

大人の皆さんは「英語を何とか喋ってみたけれど、発音が悪いのか相手に全然伝わらなかった」という経験をしたことはありませんか?

英単語と文法を知っていたとしても、外国人相手にそれが通じないのでは意味がないですよね。外国人相手に通じる英語を身につけるためには、まずは発音の習得が重要になってきます。音を聞いて理解すると同時にきれいな発音で話をすることです。

そこで今回は、発音(フォニックス)の重要性とそれを習得する方法をお伝えしていきましょう。

なお、子供向けオンライン英会話について、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

フォニックスとは

フォニックスとは、英語の発音の仕方に関するルールのことで、元々は英語圏の子供たちに読み書きを教えるために作られました。日本の子供たちがひらがなを50音で覚えるように、英語圏の子供たちはフォニックスで英語を学びます。

英語のスペリング(つづり)と発音の間にある法則を学ぶことで英語の正しい読み方や独特の発音を簡単にマスターすることが出来るのです。

ただ、よく「英語を学ぶ上でフォニックスをマスターしておくことが大切だ」と言われることがありますが、なぜフォニックスがそんなに重要なのかというと、「知らない英単語でもスラスラ読めるようになるから」という理由があります。

フォニックスの発音ルールを学ぶことで、なんと英単語の約7割がその単語を知らなくても初見で読めるようになるんです!単語帳を見ながら1つ1つ覚えるよりもはるかに効率が良いですよね。

それに、どんどん知らない単語でもスラスラ読めるようになったら、お子さんにとっても自信が付きますし、英語の力がどんどん伸びていくでしょう。

幼少期であれば音の聞き分けが可能

言葉というのは、まず単語の意味がわかって、その単語が言えるようになって、最後に読んだり書いたりすることが出来るようになります。なので、小さいうちからフォニックスを取り入れた英語の正しい発音を聞かせていれば、日本語と同じ感覚で音の聞き分けが出来、話すときの発音も綺麗になるのです。

また、特に英語には日本語には無い「L」と「R」の発音が厄介ですが、幼少期からフォニックスを学んでいれば、正しく発音出来るようになります。音をたくさん聞くことで微妙な音の違いをはっきり認識することができるようになるのです。

それに、フォニックスはお子さんが学ぶ上で1番大事な「英語を好きになる」というところにも深い関わりがある学習方法なので、是非積極的に取り入れてみてくださいね。

但し、人間が語学を習得するのに適した「臨界期」は9歳頃までと言われていますので、出来ればそれまでにはフォニックスを導入した学習を始めて欲しいです。

Let’s go Phonicsでフォニックス学習

リップルキッズパークではお子様のレベルに合わせたレッスンを行います。通常は簡単なフリートークを交えながら歌やゲーム、フラッシュカードなどを使いながら楽しく英語を学ぶというスタイルですが、生徒側からの希望に応じてフォニックス専門のレッスンを受けることも出来ます。

そのときにおすすめのテキスト教材が、「Let’s go Phonics」です。こちらは世界的規模で有名なオックスフォード大学出版局が発行していて、フォニックスを学べる幼児向けオンライン英会話ではよく採用されています。

ワークブックのように、フォニックスをしっかり練習することが出来るテキストなので、初めてフォニックスに触れるというお子さんに是非使って欲しいです。

また、リップルキッズパークでフォニックスを学びたいという場合には、フォニックスOKの先生を選ぶことを忘れずに行なってください。フォニックスを教えるための勉強をしてきた先生が専門的に発音を教えてくれます。

リップルキッズパークの体験レッスン

リップルキッズパークを使えば、自宅に居ながら手軽に、そして楽しく英会話を学ぶことが出来ます。

また、通いの英会話スクールだと集団授業の場合が多いため、他のお子さんのペースと合わせながら授業が進んでいきますが、オンライン英会話なら時間や場所、回数、レベルを1人1人のペースに合わせて自由に選択することが出来るという点も、オンライン英会話ならではの利点だと言えるでしょう。

リップルキッズパークでは、2回の無料体験レッスンをご用意していますので、是非1度受講してみてはいかがでしょうか。

リップルキッズパーク 公式サイトへ

なお、リップルキッズパークの体験レッスンの感想について、下記の記事でまとめていますので、よろしければ参考にして下さい。

お試しでリップルキッズパークの無料体験レッスンを受けさせてみた感想

よろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました