【子供向けオンライン英会話】発音の教え方!きれいに会話ができるようになるために

英会話講師の声

英語を話すなら綺麗に話したい、また自分の発音できちんと外国人に伝わるのかなど誰しもが気になるポイントではないでしょうか。

せっかく英語を習っていても、日本語訛りの英語ばかりを身についていたらもったいないですよね。講師として、子供達にどのようにオンライン英会話のレッスンの中で、発音の練習をしているのか、お伝えしていきます。

発音に最重要なフォニックス

私が英会話を習い始めた時、英語はとてもリズミカルでテンポもよく、なんだか一種の音楽を聞いているような印象を持ちました。それもそのはずで、日本語はリズムもイントネーションも単調で、それほど強弱はありません。

一方で、英語はリズムもイントネーションもメリハリがあり、音にも強弱があります。外国人にいかに英語が伝わるかのポイントは、発音と文全体の抑揚だと思っています。

まず、発音を綺麗にするためには、フォニックス(アルファベットの音)をマスターすることです。子供英会話レッスンではフォニックスに重点を置いて発音の練習をしています。

例えば、「van」です。vとaの音は日本語にはありません。子供達には画面越しに、vの発音の口を見せます。上の前歯を下の唇に当ててヴーという音を作ります。これを一緒に何度も練習します。

次にaの音ですが、これは「え」の口をして「あ」の発音をするようにして、音を作ります。nは日本語の「ん」と同じなので、最後にv・a・nの音を組み合わせて一つのワードを完成させます。

フォニックスを習得すれば、劇的に綺麗な英語の発音を手に入れることができます。日本語にない音もしっかり聞き分けて、自分のものにしていくことが、ネイティブのような発音になることも夢ではないです。

フォニックスは学べる?ハッチリンクジュニアで発音を完全習得

「抑揚」が上手くみせるコツ

リスニングとスピーキングは繋がっていて、発音は聞いた音を真似ることを重ねていくことで、綺麗な音が出せるように上達していきます。

音感がいいと発音も良くなると言われており、音楽を習うことは英語学習にとってもより良い影響を与えます。英語は単調な言語ではなく、抑揚があります。この抑揚をうまく使うことで、感情移入もしやすく相手に伝わりやすくなります。

オンライン英会話レッスンでの発音の練習は、子供達に分かりやすいように、良い例、悪い例を出して説明しています。

例えば、「I go to the park」の文章で、良い例の抑揚の場合、I と parkの部分が音が高い部分になり、go to theの部分は音が低くなります。それを少々大袈裟に伝え、一緒に練習します。悪い例としては、一切抑揚をつけず、単調に文を読みます。また、抑揚の違いによっても多少、文のニュアンスも変わってきます。

例えば「That’s good.」です。That’sの部分に高い音を置き、goodに低い音を置きます。この時の意味は「それ!いいね」と、「それ」が強調され、数ある中の一つの「それ」がいいねという意味になります。

一方でThat’sの部分に低い音を置き、goodに高い音を置きます。この時の意味は「(それ)いいね!」単純にいいねが強調され、感銘を表していることになります。こういった違いも英会話レッスンの中で、説明しながら、知識として子供達に伝えています。

この抑揚を身につけることが、英語を上手くみせるコツであったり、相手に感情を伝える一つの手立てとなります。

カタカナ英語にならないように要注意

日本語には多くの外来語があり、英語が身近に感じられる一方で、英語と異なる発音のものも多く存在します。

例えば「sandwich」です。日本語ではサンドイッチですが、本来の英語の発音はセァンドウィッチです。この違いをオンライン英会話レッスンの中で子供達に説明します。レッスンが進んでいくうちに、外来語も正しい発音が身についていることが見受けれると、講師としてもとても嬉しくなります。

これと同様に、単語の最後に「d」や「t」で終わる言葉は、英語では「ド」や「ト」ではなく、「ドゥ」や「トゥ」となります。こういったルールを伝えることで、子供達もパズル感覚で音の組み合わせが出来るようになっていきます。

また、発音の確認のゲームでは、マルバツゲームをします。先生が、正しい発音と間違った発音をし、子供達に画面越しに手で○または×をしてもらいます。わざと間違って発音したものに関しては、正しい発音を子供達に聞いて確認します。このように、ゲームをしながら一緒に楽しく発音の練習をしています。

まとめ

綺麗な英語の発音を身につけることは、英語を話す上での自信にも繋がっていきます。まだ、子供の耳が柔軟なうちに、たくさん綺麗な英語を浴びて、幅広い音を身につけ欲しいと思います。そして、たくさん練習して、英語の音を作るコツを得て欲しいと思います。オンライン英会話レッスンの中でも、ネイティブの発音に近づけるよう、子供達にたくさんの発音のポイントを伝えていきたいと思います。

子供向けのオンライン英会話記事のまとめ

なお、子供向けオンライン英会話について、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました