【子供向オンライン英会話】レッスン現場で行っている語彙力の増やし方

英会話講師の声

英語が話せるようになるには、語彙力を増やすことが必須です。

しかし、オンライン英会話のレッスンで、ただひたすら単語をリピートしているだけでは単調なレッスンになってしまい、生徒さんたちも飽きてしまうでしょう。

今回はどのようにレッスンの中で楽しく自然と語彙力を増やしているかを紹介いたします。

簡単な単語ゲームとは?

まず、初めて触れる英単語には、イラストがついた単語カードを使って発音の仕方を練習します。先生の後に続いてリピートし、発音のポイントも伝えます。何度か練習した後には単語カードを使って簡単なゲームをします。

オンライン英会話レッスンでは画面上に単語カードを出すことが出来ますが、私の手元にも印刷した単語カードを用意しています。これを使って「フラッシュゲーム」をします。

このゲームは一瞬だけ単語カードを画面越しに見せ、その単語が何だったかを当ててもらうゲームです。最初はほんの一瞬だけ、そして2回目は先ほどよりは長めに、3回目はさらに長めに見せ、生徒たちの洞察力と瞬時に考える力を養います。

このゲームは、ちょっと画面の前に座っているのが飽き始めてしまった生徒さんにも楽しんでもらえるゲームになっています。何度もこのゲームをすることで、英語を英語で考える力も身につき、自然と語彙力も増えていきます。

リズムに乗って「Don’t say apple.」ゲーム

オンライン英会話レッスンの中で、語彙力を楽しく増やしていくために、リズムを使ったゲームが有効的です。

年齢問わず楽しく遊べるゲームに、「Don’t say apple. (りんごと言わないで)」ゲームがあります。

このゲームは一緒に手を叩きながら、リズミカルに行います。先生の後に続いて、リピートをするゲームなのですが、文字通り「apple」と言ってはいけません。

まず先生が、「Don’t say apple.」と言い、これに続いて生徒も同じく「Don’t say apple.」と言います。最初だけは「apple」と言って大丈夫です。そして、先生が「I like banana.」これに続いて、生徒が「I like banana.」とリピート。

そして、次に先生が「I like apple.」と言ったら、生徒は「I like … (appleのところは手を叩く)」このように、生徒は引っかからないように注意深く聞いて、テンポよくリピートしていきます。

だんだんレベルを上げて、「 I ate apple pie.」などと引っ掛け問題も交えていきます。正解は「I ate (appleのところは手を叩く) pie.」です。

このゲームはリスニングも鍛えられますし、色々な単語を使うことで、語彙力も増えていきます。また、文章の作り方もリズムで自然と体で覚えていくことができます。

派生語で語彙力を増やそう!

ちょっと難しい話になりますが、単語には派生語がたくさんあります。派生語とは、ある語から派生してできた単語のことを言います。

例えば、「kind(親切な)」です。これの派生した単語に「kindness(親切)」があります。つまり、「kind」を知っていれば、「kindness」が何らかkindに関連している言葉だと想像できます。

たくさん単語に触れておくことで、初めて見る単語も意味を推測しやすくなります。オンライン英会話レッスンの中でレベルが上がると長文読解がでてきますが、文章が読め理解できるかどうかも、いかに今まで多くの単語に触れてきたかが鍵になります。たくさんの単語に触れ、初めて見る単語でも推測できる能力も同時に身につけて欲しいと思います。

まとめ

語彙力を増やすことは英語を習得する上で、基軸となる部分です。その語彙力を楽しく増やすために日々、生徒たちのやる気やレベルなどを観察しながらゲームを取り入れています。

私自身も英語を始めたのが小学校低学年からでしたが、その頃に覚えた単語はずっと記憶に残っています。オンライン英会話レッスンでも、いかに多くの単語に触れさせてあげるかを考え、日々レッスンプランを考えています。

体で楽しく英語に触れられる環境を日々整えていきたいと思っています。語彙力を増やすことはリスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4技能を伸ばす上で一番重要になってくるでしょう。

子供向けのオンライン英会話記事のまとめ

なお、子供向けオンライン英会話について、下記の記事でも紹介していますので、よろしければ参考にして下さい。

よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました